サマータイヤとは?スタッドレスタイヤの違いは?冬でもいける?

車のことって、好きじゃないと疎いことが多いですよね?

エアロパーツとかだと、別に興味がなければ無視しておけばいいと思いますが、タイヤはちょっと知っておいた方が良いかもしれません。

さて、今回はサマータイヤについて紹介していきます。

スポンサードリンク

サマータイヤとは?

サマータイヤとは?スタッドレスタイヤの違いは?冬でもいける?

サマータイヤって夏のタイヤ?

まさにその通り夏仕様のタイヤのことです。

ノーマルタイヤと呼ばれたりすることもありますが、これは冬のタイヤであるスタッドレスタイヤ(ウィンタータイヤ)に対して使われる言葉です。

サマータイヤと呼ぶと特別な感じがしますが、ほとんどの自動車に標準装備されているので、あなたの自動車のタイヤもサマータイヤかもしれませんね。

サマータイヤとスタッドレスタイヤの違いは?

サマータイヤとスタッドレスタイヤの違いは、タイヤの溝と剛性です。

サマータイヤの溝は、水をはじき飛ばすようになっており水はけの良さ、厚さでもタイヤのゴムが柔らかくなり過ぎないようにしてあります。

一方、スタッドレスタイヤは溝が深い上に細かい溝をたくさん作って、水を吸うような構造になっています。

スポンサードリンク

また、この吸い付くような構造に加えて柔らかさあるので、凍った路面にぴったりと引っ付くようになっています。

実際にサマータイヤとスタッドレスタイヤでは、夏の路面だとブレーキの掛かり方に差が出ます。

サマータイヤ 冬でもいける?

サマータイヤと言うからには、夏限定のタイヤなの?

冬も使ってて大丈夫?と思いますよね?

標準装備のタイヤはほとんどサマータイヤで、実際のところオールシーズンをサマータイヤで運転している方がほとんどだと思います。

でも、出来るなら冬はスタッドレスタイヤに履き替えた方が、ドライブはより安全になります。

ブレーキのかかりや走行の安定性が、全然変わってきます。

動画では、雪道をサマータイヤで走っていますが、ヒヤヒヤです。

日常生活に欠かせない自動車ですから、安全面にはこだわりたいですね。

まとめ

check!!サマータイヤとは?

夏仕様のタイヤでスタッドレスタイヤ(ウィンタータイヤ)に対してサマータイヤと呼ばれている

サマータイヤとスタッドレスタイヤの違いは、タイヤの溝と剛性にある

check!!サマータイヤ 冬でもいける?

実際には、サマータイヤで冬も運転している方が多いが、ブレーキのかかりや走行の安定性に違いが出る

スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ