スクラブ 洗顔は肌に悪い?毎日するもの?洗い方は?

洗顔フォームもたくさんありますが、一つのジャンルを作るまでになったのはプツプツ入りのスクラブ洗顔フォーム。

特に男性に人気のスクラブ洗顔フォームですが、これで洗顔をするとスッキリと洗えた感じがしますよね?

でも、風のうわさでスクラブ洗顔は、肌に悪いというもの。

今回は、このスクラブ洗顔について、ホントに肌に悪いのか?正しい使い方について紹介していきます。

スポンサードリンク

スクラブ 洗顔は肌に悪い?

スクラブ 洗顔は肌に悪い?毎日するもの?洗い方は?

スキンケアの基本として洗顔がその要になります。

洗顔でしっかりと汚れを落とさないと、常に肌は不衛生で刺激を受け続けて多くの肌トラブルの原因になります。

特にスクラブ洗顔は、プツプツとした微粒子で毎日の洗顔では落としにくい毛穴の中の汚れまで、落とせるので毛穴の黒ずみが気になる方にはオススメの洗顔です。

汚れがしっかり落とせれば、化粧水や美容液も浸透しやすくなるので、効果を最大に生かすことができます。

ここまで、見るとスクラブ洗顔万歳っ!ですね。

でも、スクラブ洗顔は肌に悪いといううわさもあります。

この根拠は、何なのか?

洗顔は、出来るだけ肌の刺激をなくすために泡でなでるように洗うのがオススメなのですが、スクラブ洗顔は通常の洗顔フォームを使った場合に比べて刺激があります。

特に男性は泡立てずにそのままゴシゴシと洗顔する方も多いので、そういった場合の肌への影響は大きくなります。

肌の表面が傷つけば、そこから細菌が入ってニキビなどの肌トラブルの原因になります。

また、洗顔後の保湿ケアをしなければ、ゴッソリと必要な皮脂までも取り除かれてしまっているので、肌の水分が流出して乾燥気味の肌になってしまいます。

肌が乾燥気味になれば、シワの原因にもなりますし、肌がそれを何とかしようと皮脂を多く分泌して、肌がベタついたり、毛穴が詰まることもあります。

1度や2度の失敗で肌質が変わるほどの影響はないですが、これを繰り返していくと肌が乾燥しやすくなったり、刺激に弱い敏感肌になることも・・・。

ただし、これらは全てスクラブ洗顔が悪いのではなく、使い方の問題なのでスクラブ洗顔が肌に悪いと=(イコール)ではありません。

スポンサードリンク

正しく使えば、スクラブ洗顔はスキンケアの一つの選択肢としてとても重宝するものです。

スクラブ 洗顔は毎日するもの?

スクラブ洗顔をすると、汚れと一緒に皮脂や古い角質もゴッソリ落とせて、洗いあがりの感じがスッキリして、肌も柔らかく明るくなって、一度使うとヤミツキになってしまいます。

それも、あってか毎日の洗顔をスクラブ洗顔をしているという方も多いと思います。

しかし、毎日の洗顔にスクラブ洗顔というのは、少し肌にとっては負担があり過ぎるかもしれません。

スクラブ洗顔は、あくまでも毎日の洗顔では取りきれなかった毛穴の汚れや古い角質を落とすものだと認識した方がいいでしょう。

そのため、毎日の洗顔に使うのではなく、1~2週に1回くらいの洗顔に使うのがオススメです。

スクラブ 洗顔 洗い方は?

スクラブ洗顔をする場合でも、洗顔用ネットで泡立てます。

顔をゴシゴシするのではなく、泡で肌をなでるように洗っていきます。

今までゴシゴシしていた方からすると、洗っている感じがしないかもしれませんが、洗いあがりを確かめると、そんな気持ちはなくなると思います。

毛穴の黒ずみが気になるところは入念に洗いましょう。

洗顔後は、必ず化粧水と乳液をつけて保湿ケアをします。

この洗顔後の保湿ケアを怠ると肌はどんどん年を取って行きますよ。

でも、基本的にはこれだけ!

日頃の洗顔は、スクラブなしの洗顔フォームを使いましょう。

check!!>>>男のスキンケアは洗顔から?洗顔や洗顔後はどうする?

まとめ

スクラブ 洗顔は肌に悪い?

  • 毛穴の黒ずみが気になる方にオススメだが、使い方次第で悪影響もある

スクラブ 洗顔は毎日するもの?

  • 毎日の洗顔には、使用せず、1~2週に1回程度を目安に使う

スクラブ 洗顔 洗い方は?

  • 泡立てて肌をなでるように洗い、洗顔後は必ず保湿ケアをする

参考書籍
戸賀敬城. “第1章 男の肌ルール”. デキる男の正解美容.講談社, 2013, 36

スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ