古い使い捨てカメラでも現像はできる?現像の結果!現像したいなら?

今回は、古い使い捨てカメラ(レンズ付きフィルム)が現像できるのか?について紹介していきます。

スポンサードリンク

古い使い捨てカメラでも現像はできる?

古い使い捨てカメラでも現像はできる

片付けをしていた見つけた使い捨てカメラ。

淡い思い出が蘇ります。

でも、結構前のカメラだと現像できるか心配ですよね?

さて、古い使い捨てカメラの現像は可能なのでしょうか?

結論を言うと、「現像は出来る」です。

古い使い捨てカメラでも現像

使い捨てカメラには、品質保証有効期限があります。

まずは、この有効期限を確認してみましょう。

有効期限は、カメラの底面に記載されていることが多いです。

この有効期限が切れている場合、言葉の意味そのままで「品質について保証出来ませんよ~」ということです。

この品質というのは、カラーバランス、コントラスト、画素などの写真の画質です。

未現像のフィルムは、そのまま放置していると、画質が低下し、写真を現像したときに、ボヤっとしていたり、暗かったり、色が薄かったりします。

要は“写りが悪い”ってことです。

カメラの保存環境やどれくらい期限切れなのかにもよりますが、最悪写っているものが判別できないくらい写りが悪い場合もあります。

カメラのフィルムは、高温多湿に弱いので日本の梅雨・夏を何回も経ているなら、かなり劣化していることを覚悟しましょう。

逆に涼しくて乾燥している場所なら、結構長持ちするようです。

ただし、押し入れやタンスに防虫剤が入っていると、その影響を受けて劣化します。

古い使い捨てカメラ 現像の結果!

実際に古い使い捨てカメラを現像してみた結果を口コミを集めてみました。

【カメラを現像してみた結果】
  • 約3年もの:気にならない程度だった
  • 約5年もの:少し色褪せていたが、写っていた
  • 約15年もの:写真全体が少々ピンクがかっていたが写っていた
  • 約25年もの:かろうじて人の顔が分かるくらいに写っていた
10年以上前のフィルム

すごく古いものでも、少しは写っているんですね。

スポンサードリンク

古ければ古いほど、写りが悪くても画像が写っていたときの喜びは大きでしょう。

少しでも何か写っていれば、それを手掛かりに思い出が蘇るはずです。

古い使い捨てカメラを現像したいなら?

後で現像しようと思って、そのまま放置してしまった自分が悪いのは重々承知ですが、希望があるなら現像したいと思います。

写真屋さんに聞いてみると、現像してみないと何とも言えないということでした。

「もしかしたら、写っているかもしれない!」という希望を持ってタイムカプセルのような感覚で現像してみるのも楽しいかもしれません。

そして、もし古い使い捨てカメラを現像するなら、事情を話して相談に乗ってくれる専門店にお願いした方が良いでしょう。

現像をしてみて、とにかく全部プリントでも良いでしょうし、何か写っているものだけプリントするのも良いでしょう。

もし、仕上がりにこだわりたいのであれば、変色、退色補正などのオーダーを受けることが出来るお店もあります。

地元の写真屋さんに相談したいう声が多かったですが、近年はそういった写真屋さんも減ってきていますよね。

そういった場合、全国に多くある「カメラのキタムラ」さんも古い使い捨てカメラの現像を引き受けてくれるそうです。

古い使い捨てカメラを現像した料金

古い使い捨てカメラの現像をお願いしたからといって、通常の現像料金より高く料金を請求されることは、ほとんどありません。

敢えて、こちらから退色補正などの特別なオーダーをすれば別ですが、現像の料金は500~800円くらいが相場です。

あとは、現像料金にプリントする枚数の料金を加えるくらいの料金と想定すると良いでしょう。

変色、退色補正などをする場合は、内容や仕上がりの程度、料金がお店によって異なるので要確認です。

まとめ

古い使い捨てカメラでも現像はできる?

  • 現像は出来るが、画質は落ちている可能性がある

古い使い捨てカメラ 現像の結果!

  • 3年程度なら気にならない程度、25年前のフィルムでも写っていた

古い使い捨てカメラを現像したいなら?

  • 事情を理解した上で、仕事してくれる専門店に依頼する
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ