虫刺され 跡が治らないのはなぜ?跡を消したり残さないためには?

今回は、虫刺されが中々治らない原因と解決法について紹介していきます。

スポンサードリンク

虫刺され 跡が治らないのはなぜ?

虫刺され 跡が治らないのはなぜ?跡を消したり残さないためには?

だいぶ前の虫刺されの跡がなかなか消えないと、とても気になりますよね?

かゆみなどの症状がなくなっても、シミのような跡は、なぜ消えないのでしょうか。

虫刺されにもたくさん種類があると思いますが、虫刺され後に出来るシミは、色素沈着によるものが一般的には多いと言われています。

虫刺されで、炎症を起こした患部でメラニン色素が生成され、それが虫に刺された部分にシミとして残ってしまうのです。

てっきり、虫の毒か何か?と思っていました。

特にかゆいからといって、患部を掻きむしったりすると、シミが出来やすいのだそうです。

また、患部に紫外線があたると、さらにシミが濃くなる可能性があるので注意です。

虫刺され 跡を消すには?

虫刺され後に出来てしまったシミについて、口コミでも色々な方法を試している方が多かったです。

市販のシミ消しグッズや美白美容液などなど。

これから、試してみようと考えていた方もいるかもしれません。

「薄くなった」という声は、多数ありましたが、「消えた」という声は少なかったです。

これらのグッズも出来てしまったシミに対しては、消すとなると難しいようです。

シミの出来た部分や数、大きさなどでシミを消したいという熱意が違うと思います。

出来てしまったシミを消すには、皮膚科や美容皮膚科で受診するのが、シミ消しの近道だと思います。

スポンサードリンク

専門知識で多くの治療方法を持っているので、シミ消しについて彼らの右に出る者はいないでしょう。

皮膚科、美容皮膚科では以下のような治療方法があるそうです。

外傷性(炎症後)色素沈着

●ケミカルピーリング(皮膚の表皮にある古い角質を加熱して液体状にします。)

●レーザー治療(医療用のレーザー機械を使って治療します。)

●トレチノイン療法

●美白クリーム

●イオン導入(メラニンを薄くする働きがあるビタミンCを肌の奥に届ける治療法です。)

引用:ヘルスケア大学

虫刺され 跡を残さないためには?

まずは、かゆくても掻くのを我慢することです。

患部をかくと余計にかゆくなって炎症を悪化させたり、傷に雑菌が入って二次感染を起こす可能性があるからです。

炎症が長引けば長引くほど、シミが出来やすくなると思っておいて良いでしょう。

かゆいのを我慢するのも限界があるので、出来るだけ早く患部にかゆみ止めを塗ったり、冷やしたりする処置を行いましょう。

体質によっては、虫に刺されやすいということもあるらしいので、「よく虫に刺されるなぁ」という方は、虫よけやかゆみ止めを携帯しておくと良いでしょう。

また、シミが出来るのは、肌の代謝の問題でもあるのでターンオーバーを正常に保つことも大切になってきます。

睡眠や食事を健康的に摂り、乾燥から肌を守りましょう。

最後に当然ながら、一番のシミの原因となる紫外線から肌を守ることです。

まとめ

虫刺され 跡が治らないのはなぜ?

  • 虫刺され患部でのメラニン色素の生成によるもの

虫刺され 跡を消すには?

  • 出来てしまったシミには皮膚科を受診

虫刺され 跡を残さないためには?

  • 掻かないこと・正常なターンオーバー・紫外線対策
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ