日焼け止めを背中に塗る方法どうしてる?何が良い?

今回は、日焼け止めを背中に塗る方法について、みんながどうしているのか?どんな方法があるのか?などを紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止めを背中に塗る方法どうしてる?

日焼け止めを背中に塗る方法どうしてる?何が良い?

日焼け止めは、屋外で本格的に紫外線を浴びる30分前には、塗っておいた方が良いと言われています。

だがしかし、普段の生活は良いとして、海水浴とかだと手の届きにくい背中にも塗らないといけません。

背中に手が届いたとしても、他の部分に比べて日焼け止めが塗りにくくてちゃんと塗れているか心配になります。

背中は紫外線の被害を受けやすい部分でもあるので、しっかりと日焼け止めを塗っておきたいですよね?

まずは、他の人たちが、日焼け止めをどうやって塗っているのかを聴いてみましょう。

日焼け止めを背中に塗る方法

【スプレータイプの日焼け止めを使う】

ビオレ さらさらUV パーフェクトスプレー SPF50+ PA++++ 75g【楽天24】[ビオレ 日焼け止め スプレー UVケア 紫外線対策]【ko74td】【kaouv】【UV_2】

【専用のまごをの手を使う】

セヌール II 組み立て式 手が届きにくい背中にクリームやローションを塗るための道具です。

スポンサードリンク

【飲む日焼け止めを飲む】

あす楽 送料無料 やかないサプリ 飲む日焼け止めサプリ ノンケミカル UV カット スプレー クリーム パウダー 焼かないサプリ オルト

みなさん、こういったグッズを使っているようで、今すぐ背中に塗りたいという方は、まごの手の発想で、定規や団扇で代用しているようです。

日焼け止めを背中に塗る方法何が良い?

さて、背中に日焼け止めを塗る方法として、“スプレー”“まごの手”“飲む日焼け止めを飲む”と2種類の案が出てきました。

これらの方法で、どちらが良いと思いましたか?

サッと使えて手を汚さず使える手軽なスプレーや飲む日焼け止めが人気ですかね?

私は、まごの手などの背中に届くもので、直接日焼け止めを塗るのがオススメします。

スプレータイプの日焼け止めは、スプレーするだけという手軽さの反面、見た目で塗れているか分かりにくいので塗りムラが出やすいというデメリットがあります。

また、直接顔にスプレー出来ないこともスプレータイプが手軽だと思った方には、難点になるかもしれませんね。

とはいえ、スプレータイプは日焼け止めの塗り直しや忘れがちな髪の毛の紫外線対策に便利なので、サブの日焼け止めとして1本持っておくと便利です。

飲む日焼け止めについては、飲む日焼け止め単体ではなく、乳液やクリームタイプの日焼け止めとの併用がオススメされています。

そのため、こちらの飲む日焼け止めもメインの日焼け止めの補助的アイテムになります。

これらのことを総合的に見て私は、まごの手などの背中に届くもので、直接日焼け止めを塗るのがオススメします。

紫外線対策は、一筋縄ではいきませんので、直接背中に日焼け止めを塗って、スプレーやサプリを使って対策を万全にしておきましょう。

まとめ

日焼け止めを背中に塗る方法についての内容どうだったでしょうか?

私は一度、紫外線対策で手を抜いて痛い目に遭いました。

そのとき一番被害があったのは背中で、ヒリヒリ痛くて、もう大変でした。

ヒリヒリが治まっても、肌質が変わったのか?ニキビなどの出来物が出来やすくなった気がします。

日焼けは火傷と一緒です。

女性は紫外線に気を付けている方が多いですが、男性はまだまだ紫外線対策への意識が低い方も多いです。

日焼け止めでの紫外線対策が大切ですが、ラッシュガードを着るなどして万全の紫外線対策をとりましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ