通勤は自転車でするならおすすめはクロスバイク!

最近、街中でスポーティーな自転車を乗るスーツ姿の人をよく見かけます。

颯爽と走りぬける姿はとてもかっこいいです。

今日は、ママチャリから「スポーティーな自転車に乗り換えたい!」「乗り始めたい」というあなたに参考までに通勤に合ったスポーティーな自転車入門を紹介します。

スポンサードリンク

通勤は自転車で!おすすめはクロスバイク!

3a3c4c57bfe45d924d689625bc21c0cc_s

スポーティーな自転車には、「ロードバイク」、「マウンテンバイク」などの種類があります。

ロードバイクは、高速で長く走ることができる自転車で、おなじみのマウンテンバイクは山道などのでこぼこした道を走ることができる自転車です。

ロードバイクは、速く走る目的で乗る人が多くてロードレースに出たりした人に好まれます。ハンドルもグニャリと曲がっており、前傾姿勢で乗るため競技用自転車という感じです。

マウンテンバイクは、舗装されていな道路を走るために特化しているため推進力に欠けているので生活自転車には向いていないでしょう。

それでは、一体どうすればいいのだろう?と思いますよね?

そういったニーズに答えた自転車が「クロスバイク」です。

クロスバイクは、ロードバイクに比べるとタイヤの幅が少し太めで、スピードがそこまで出ませんが、街乗り程度では十分なスピードが出ます。

乗車の姿勢も起き上がった状態で乗れますし、すぐに乗り慣れると思います。

取扱やメンテナンスをしてくれるお店も多いので、通勤用自転車におすすめします。

通勤のための自転車 クロスバイクの選び方

クロスバイクをおすすめしましたが、その中にも数種類あります。

スポンサードリンク

この中から通勤に適したものを選んでいくのですが、正直乗った感じの相性というのが大きいです。

ですが、それでは何を基準に選んだら良いかわかりませんよね?

基準として次の内容に注目してもらえらばと思います。

1.タイヤの太さ  タイヤが太いほど段差がある路面に対応しやすく、安定感があります。
逆にタイヤが細いほど速度が出しやすくなりますが、不安定になります。

2.車体の重量   遠くまで走るには重量が軽いほうがいいです。

3.サスペンション サスペンションは前輪やシートに装備して、ガタガタ道を走る際にクッションの役割をします。
衝撃がなくなるメリットがありますが、車体が少し重くなりクッションの影響でやや推進力が落ちます。

以上の内容を選定の基準にしてもらえればいいと思います。

通勤のための自転車 おすすめのクロスバイクは?

通勤に合うクロスバイクの条件を出してきます。

まず、タイヤからいきましょう。

通勤に使うのであれば、普通~太めのものがいいでしょう。

次に車体の重量ですが、軽いことに越したことはないですが、フレームの軽さで価格が上がったりすることがありますので、予算に応じて検討しましょう。

そしてサスペンションですが、段差の衝撃を吸収して快適に走れるのであった方がいいでしょう。

そして、気になる予算ですが、5~10万円で考えておけばいいでしょう。

最後に、わたしのおすすめのクロスバイクを紹介します。

GIANT(ジャイアント)のESCAPE R3をおすすめしたいと思います。

ブランドは、業界では知らない人はいないです。

タイヤ幅は普通で車体は軽めです。

サスペンションはシートの部分に装備してあるので快適に走ることができます。

コストパフォーマンスが非常に高く、価格は5万2000円+消費税です。

価格は、定価ですので実際はもう少し安くで手に入れれると思います。

まとめ

今回は、クロスバイクの紹介でした。

どうだったでしょうか?

クロスバイクは、見た目のカッコよさもありますが、パーツを組み換えたりできる従来の自転車とは違う価値を持っています。

通常の自転車に比べると費用がかかりますが、乗り心地が良いので、きっと通勤時間も良いものになるはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ