さんまの刺身のおいしい時期は?なにが違うの?さばき方は?

秋の旬の食べ物と言えば「さんま」。

旬のさんまでおいしい食べ方は、塩焼き以外にもあります。

旬の新鮮なさんまでおすすめな食べ方、それは刺身です。

今日は、さんまの刺身について紹介します。

スポンサードリンク

さんまの刺身のおいしい時期は?

26401ba836ee370dc4d2411129424ef9_s

ご存じの通り「秋刀魚」と書いてさんまです。

ですので秋(9月~11月)が旬と言っていいでしょう。

塩焼きのイメージが強いさんまですが、旬で新鮮なさんまは、特に刺身で食べるととてもおいしいです。

さらに、刺身で食べるほうが、DHAやEPAもほとんど失われることなく食べることができます。

さて、この秋の間で一番脂が乗っている時期は、いつでしょうか?

プロ曰く、10月中旬のものが特に脂の乗りが良いようです。

8月や9月の出始めのものとは、格段に違うらしいです。

ですので、おいしい刺身を食べるなら10月中旬のさんまがいいでしょう。

スポンサードリンク

さんまの刺身はなにが違うの?

よくお店に行くとさんまのコーナーで生食用とか刺身用とか目にすると思います。

普通に売られてりるさんまと何が違うのだろうと思いませんか?

おおよそ値段も違うし、生食用ってことは、鮮度の違いかな?と推測していた人もいたのではないでしょうか。

そのように推測していた方・・・・・御名答!!

生食用、刺身用は仕入たての新鮮なさんまです。

なお、これらの鮮度が落ちたり、流通に時間がかかったものは、無印の焼き用となります。

そして、刺身用でも鮮度を確認の上おいしいものを選ぶといいでしょう。

一般的によく言われる選び方は以下の通りです。

1.きれいでキラキラ輝きがあること。

2.目に濁りがなく透き通っているもの。

3.肩あたりが盛り上がり、腹がしっかりしているもの。

4.下あごの先端や尾ひれの付け根辺りが黄色くなっているもの。

5.エラが鮮やかな赤い色をしているもの

これらの条件で一番太っているものが脂が乗っていて、おいしいさんまです。

さんまの刺身のさばき方は?

さんまの刺身に挑戦してみましょう。

個人的意見ですが、さんまは他の魚に比べてさばきやすいと思おいます。

刺身には、生姜をわさび代わりにつけてもおいしいです。

また、さんまユッケなんかもおいしいので試してみてください。

まとめ

旬のさんまについてどうだったでしょうか?

旬のものを食べるとその季節を乗り切るための栄養素を補給出来ます。

さんまに限らず秋の旬を楽しんでください。

スポンサードリンク

2 Responses to “さんまの刺身のおいしい時期は?なにが違うの?さばき方は?”

  1. […] >>>さんまの刺身のおいしい時期は?なにが違うの?さばき方は? >>>エキストラバージンオリーブオイルって何が違うの? […]

  2. […] >>>さんまの刺身のおいしい時期は?なにが違うの?さばき方は? スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || […]

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ