ウコン 飲む前に飲むべき?時間は?飲んだ後でも意味はある?

お酒が好きな人も、苦手な方も二日酔いは嫌ですよね?

私は、お酒が好きで楽しくなると、ちょっと飲み過ぎてしまうこともあるので、お酒を飲む前にウコンが配合されたドリンクやゼリーを摂ります。

いつもお酒を飲む前にウコンドリンクを飲んでいますが、ふと思いました。

ウコンは、お酒を飲む前に飲むべきなのかと。

私がウコンをお酒を飲む前に飲んでいるのは、広告の影響で、お酒を飲む前にウコンを飲む理由も知りません。

ついついウコンドリンクを買い忘れることもあって、広告の影響もあってか、飲み始めたらもう効果がないのでは?と思い込んでいました。

そこで、今回は、ホントにウコンは飲む前に飲むべきか?について紹介します。

スポンサードリンク

ウコン 飲む前に飲むべき?

ウコン 飲む前に飲むべき?時間は?飲んだ後でも意味はある?

ウコンが二日酔い対策となっているのは、ウコンの主成分であるクルクミンに肝機能向上の作用があると考えられているからです。

クルクミンによる、胆汁分泌促進の効果でアルコールの分解を早めるという狙いがあるのです。

ウコンを早く飲めばそれだけ早くその効果の恩恵に預かれるワケですが、飲んでいる途中、飲んだ後でも意味がないということはありません。

ただ、より効果を得るために吸収率が上がる空腹時が良いと考えられているので、お酒を飲む前にウコンを飲むことをオススメされているのです。

そして、お酒を飲むときは、普段より食が進んで、たくさん食べてしまいませんか?

ウコンには肝機能向上のほかに健胃作用もあり、胃のぜんどう運動を活発化し、スムーズな消化活動をサポートしてくれることも飲む前に飲んだ方が良い理由になるでしょう。

さらに、肝機能は脂肪の分解にも関わっているので、脂っこいものを食べる機会の多い飲みの席にはもってこいです。

ただし、理解しておきたいのは、ウコンの効力はあくまで、自身が持っている肝機能や胃腸の消化能力を引出すだけということです。

自力がなければ、いくらウコンの力を借りても、効果は薄くなります。

口コミでは、「ウコンを飲んで調子が良いと逆に飲み過ぎてしまう」なんて声もありました。

飲み過ぎては意味がありません。

基本的には、日頃から肝機能・胃腸を気遣って、暴飲暴食、睡眠不足、冷え、ストレスに気をつけておくことが何よりも大切です。

ウコン 飲む前の時間はどれくらい?

結論として、ウコンはお酒を飲む前に飲むのがオススメということが分かりました。

ところで、ウコンを飲むとき飲み会のどれくらい前に飲みますか?

私は、飲みに行く前にドラッグストアで買って飲むので直前です。

このウコンを飲むタイミングについては、製品の注意書きにも載っていないので、疑問を持っている方も多いでしょう。

一般的には、胃腸での消化吸収の時間を考慮して、お酒を飲む30分~1時間前には飲むと良いと言われることが多いようです。

スポンサードリンク

もし、お酒を飲む直前のタイミングなら、消化~吸収が早いドリンクタイプがオススメです。

ウコン 飲んだ後でも意味はある?

繰り返しになりますが、ウコンはお酒を飲んだ後に飲んでも無意味ではありませんが、やっぱりお酒を飲む前に飲む方がオススメです。

しかし、口コミであったように、ウコンを飲んでコンディションが良くなり、ついついお酒を飲み過ぎてしまう方もいると思います。

そのため、出来ればお酒を飲んだ後に二日酔い対策をしたいと考えている方も少なくないでしょう。

ウコン以外にも二日酔い対策の製品として、シジミ、トマト、肝臓エキスなどがありますが、どれも肝機能向上というものです。

効能的にはウコンと似たもので、どれが良いというのはないので、相性も良いものを選ぶと良いでしょう。

あとは、オススメ出来る飲み終わった後の二日酔い対策としては、水分補給と睡眠の2つ。

アルコールの利尿作用で排出され脱水気味になるので、水分を補給し、睡眠には酔いの原因アセトアルデヒドの分解を助けて、疲弊した肝臓を回復させる働きがあります。

ちなみに最近人気なのが、肝臓水解物が配合されたドリンクですが、これらは医薬品に分類されているので、薬局やドラッグストアでしか購入できません。

【肝臓水解物が配合された製品】

【第3類医薬品】【★】 ゼリア新薬工業 新ヘパリーゼドリンク (50mL×3本) ヘパリーゼ ツルハドラッグ

人気の理由は、飲んでみた実感というところもあると思いますが、やはり医薬品であるという信頼性でしょう。

コンビニに並んでいるドリンクは、清涼飲料ですからお間違えなく。

まとめ

二日酔い対策にウコンを飲むタイミングについて紹介しましたが、どうだったでしょうか?

楽しい飲み会のためには、充実したコンディションが必要です。

二日酔いになると辛くて楽しい思い出も残りません。

今回の内容が少しでも役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ