衣類 手洗いマークは洗濯機でもいい?手洗いのやり方や洗剤は?

今回は、手洗い表示のある衣類の手洗いの方法について紹介します。

スポンサードリンク

衣類 手洗いマークは洗濯機でもいい?

衣類には内側には洗濯表示ラベルがありますよね?

装飾が凝った衣類やニットなどの編み物や縮みやすい素材の衣類には、手洗いマークが付いています。

衣類 手洗いマークは洗濯機でもいい?手洗いのやり方や洗剤は?

手洗いマークは、その衣類がデリケートであることを表しています。

手洗いマークに30や40などの数字の表記があれば、その数字の水温以下で洗って下さいということです。

水温は、30℃や40℃に調整するのは難しいですので、水道水で良いでしょう。

ちなみに桶にバツの表示のマークは水洗い出来ませんので、クリーニングに出しましょう。

気にせず洗濯機にまとめてポイッしている方もいるかもしれませんが、もし長く着たいお気に入りの衣類なら手洗いするのがオススメです。

洗濯機の回転の遠心力で素材が伸びたり、他の衣類や洗濯槽との摩擦で生地が傷んだり、装飾が取れたり、破損したりと、色んなトラブルの可能性があるからです。

新品の内は、なんともなくても衣類の寿命は縮み、早い段階で古びた感じになってしまいます。

衣類をネットに入れたり、衣類にやさしい洗濯機の機能を使ったりしていても、やっぱり衣類にとって一番やさしいのは手洗いです。

手洗いのメリットは、毛玉、毛羽立ち、シワ、型崩れの防止にもなりますし、意外と汚れも落としやすいことです。

お気に入りの衣類を洗濯される時は、まず洗濯表示を確認してみて下さい。

衣類の手洗いのやり方は?

手洗いと言うと、昔ながらの洗濯板にガッシガッシ!と擦りつけて洗うようなものをイメージしてしまいがちです。

そんなイメージで、力強く洗ってしまうと生地を思いっきり傷めてしまいます。

手間を掛けた上に、衣類を傷めたら、元も子もありません。

手洗いのやり方について確認しましょう。

今回は、手洗いでニットやカットソーなどなどの伸びやすい衣類と薄手であったり、素材やデザインがデリケートな衣類の洗い方を紹介します。

衣類の手洗い ニット カットソー 伸びやすい衣類

伸びやすい衣類には、衣類を押したり持ち上げたりする押し洗いで手洗いします。

伸びやすい衣類を干すときは、衣類を水平の状態にする平干しにします。

平干しには、平干しハンガーや平干しネットなどがホームセンターや100均にも売っています。

平干しハンガー

ダイヤ 折りたたみ いろいろ物干しネット 2段

スポンサードリンク

押し洗い

洗剤を入れた水で30~40回押し洗いをして、すすぎで水で押し洗いを2回します。

押し洗いの流れ

  • 洗剤を入れた水で押し洗い
  • 手で脱水(洗濯機なら30秒程度の脱水)
  • 水で押し洗い
  • 手で脱水(洗濯機なら30秒程度の脱水)
  • 水で押し洗い
  • 洗濯機で30秒程度の脱水

手で脱水する場合は、衣類をロール状にして手のひらで押して脱水します。

汚れが気になる袖や襟部分には、押し洗いに織り交ぜてつかみ洗いをすると良いでしょう。

つかみ洗い

つかみ洗いは握って離してを繰り返す洗い方です。

衣類の手洗い 薄手 シルク 立体デザイン デリケートな衣類

デリケートな衣類には振って洗う振り洗いで手洗いします。

振り洗い

洗剤を混ぜた水で素早く振って、すすぎで水で振り洗いを2回します。

振り洗いの流れ

  • 洗剤を入れた水で
  • 水で振り洗い
  • 水で振り洗い
  • 洗濯機で30秒程度の脱水
シワが気になる衣類の場合は、脱水をバスタオルで包む「タオルドライ」すると良いでしょう。

また、汚れをしっかり落としたい場合は、洗剤を混ぜた水に5~15分ほど漬け込むで下さい。

衣類の手洗い 洗剤はどうする?

手洗いの場合、洗剤は界面活性剤が少ない中性洗剤がオススメです。

一般的な中性洗剤

ライオン アクロン フローラルブーケ 本体 500ml ★税抜5000円以上で送料無料★激安祭

中性洗剤はアルカリ性洗剤に比べて、汚れを落とす力こそ劣りますが衣類にはやさしい洗剤です。

もし、汚れが気になる部分があれば、直接原液を衣類につけてやさしく汚れ部分全体に広げて下さい。

中性洗剤の中でも界面活性剤が少ない洗剤を選べば、泡立ちも少ないのですすぎ易くなります。

まとめ

  • 伸びやすい衣類には押し洗い
  • デリケートな衣類には振り洗い
  • 洗剤は界面活性剤が少ない中性洗剤がオススメ
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ