七味唐辛子の効能は?食べ方のすすめは?おすすめの七味唐辛子は?

忙しいとどうしても料理が味気ないものになってしまいます。

そんな、忙しく味気ない食生活に終止符を打ってくれたのは、七味唐辛子でした。

大げさに紹介しましたが、わたしはかなり重宝してます。

香りもよく心なしか疲れている時でも食欲を促してくれます。

今日は、七味唐辛子について紹介します。

スポンサードリンク

七味唐辛子の効能は?

5e8108c562220da04e523b76c696c3a6_s

七味唐辛子は、その名の通り7種類のスパイスが入っています。

その7種類というのが、唐辛子、山椒、陳皮、青のり、ごま、麻の実、けしの実などが入っています。

これに、紫蘇などが代わって入っているものもありますが、一般的なものと言えるでしょう。

この七味唐辛子ですが、漢方薬を食に生かせないかという理由で考案されたと言われています。

では、この7種類の効能について簡単ではありますが紹介します。

☆唐辛子は、主成分のカプサイシンが、唾液や胃液の分泌を促し、食欲を増進させる効果が期待できます。

☆山椒は、唐辛子と成分はよく似ているようですが、香りがよくこちらも食欲を増進させる効果が期待できます。

☆陳皮は、みかんの皮を乾燥させたものです。漢方薬としては利尿剤や咳止めとして、使われているようです。

スポンサードリンク

☆青のりは、カロチン、鉄分、カルシウム、ビタミンCなどの多くの栄養を含んでおり細胞老化防止効果などが期待できます。

☆ごまは、広く知られるようになった、セサミンによる抗酸化作用で老化や動脈硬化を防ぐ効果が期待できます。

☆麻の実は、ヘイプシードといわれ広く知られるようになりました。抗酸化作用で老化防止やガン予防などの効果が期待できます。

☆けしの実は、カルシウムが豊富に含まれており骨を丈夫にし、ビタミンB1が疲労回復ビタミンB2とB6が肌荒れを防止するなどの効果が期待できます。

こうやって効能を並べてみると薬なんだなあと思いますね。

七味唐辛子で食べ方のおすすめは?

さて、それでは七味唐辛子を食べていきましょう。

しかし、普段は七味唐辛子を使う場面ってそんなにないですよね?

うどんや牛丼程度しか使ったことないよという方のためにおすすめの食べ方を紹介します。

七味唐辛子を納豆にかけると、香りが際立ちごはんがすすみますσ(~~~、)ムシャ ムシャ

また、麻婆豆腐にかけると香りがよくなり、いつもより高級感がでます(o・ω・o)ホントケ?

焼き魚や煮物にかけても、味は殺さず、香りが立ちますのでいつもと違った味わいが出ますよ。

七味唐辛子は何にでも合うので、自由に食べることが出来ると思います。

七味唐辛子のおすすめの商品は?

七味唐辛子のおすすめですが、テレビでも紹介されているなどは避けたいと思います。

そこで、おすすめしたのはハウス食品の「香り七味」です。

この七味の特徴は、なんといってもミルがついていることです。

いつでもひきたての新鮮な香りと辛さの七味唐辛子を楽しめます。

価格も手頃ですし、七味唐辛子入門にはおすすめだと思います。

まとめ

七味唐辛子の紹介どうだったでしょうか?

食べる漢方薬として長く重宝されてきた七味唐辛子。

忙しい毎日も七味唐辛子で乗り切りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ