ワイシャツ 半袖はダサい?着こなしは?ボタンダウンがおすすめ?

夏は外回りをするビジネスマンには地獄です。

クールビズの流れは、あるものの夏に長袖を着ている人をよく見かけます。

半袖が敬遠されがちですが、私は素直に半袖のワイシャツを着た方が良いと思います。

今回は、まだまだ敬遠さてがちの半袖ワイシャツについて紹介します。

スポンサードリンク

ワイシャツ 半袖はダサい?

クールビズ

お客さん先に行くと、内勤の人ほど半袖の人が多い気がします。

逆に外回りをする営業マンは、しっかりとスーツを着ています。

しかし、日本の夏はとにかく湿気がすごくて海外の人も驚くくらいです。

夏場でも、スーツというのは日本特有のもののようで、海外ではもっとカジュアルだったり半袖シャツを着たりと合理的な服装のようですね。

私も仕事で中国に行きましたが、中国の方だけに限らずポロシャツのビジネスマンを多く見かけました。

きっちりスーツの人は大体は日本人だったかもしれません(;^_^)

これだけ、節電やクールビズを謳っても半袖シャツが普及しないのには理由があるようです。

それが、ワイシャツ半袖が「おじさん臭くてダサい」という意見です。

半袖ワイシャツが「おじさん臭くてダサい」というのは、着こなしに問題があると思います。

長袖ワイシャツの「袖をただ切ったようなだけの半袖ワイシャツ」は、ダサいと思います。

半袖の口の部分がダボダボしてたり、ボタンを外しているところからインナーが見えていたりして、ダサく見えます。

ダボダボしていることでサイズ感、インナーが見えていることで清潔感や品性が全くないように見えます。

「おじさん臭くてダサい」といって思い浮かべるのは、こういったスタイルではありませんか?

半袖ワイシャツが、ダサくなるのは着こなし次第ということです。

そして、スーツで汗をダラダラかきながら仕事するよりは、半袖で涼しげに仕事をしている方が、本人にとっても見てる側としても良いです。

ワイシャツ 半袖は着こなしは?

今はデザインも豊富でカッコイイ半袖ワイシャツもたくさんあります。

このデザインの豊富さに溺れてしまってダサくなることもあるので、しっかり自分に合ったものをチョイスしましょう。

スポンサードリンク

まずは、「サイズ感」です。

サイズ感がずれているとダサく見えてしまう一番の要因になります。

ここで、ゆったり感が出てしまうと「おじさん臭い」になっていまうので気をつけましょう。

特に袖の口が大きいものには気をつけましょう。

色は、好みのもので良いと思いますが、スラックスとの相性に気をつけましょう。

ジャケットを着ないので、シャツの色の印象は大きいです。

薄いピンクや水色などは、人気のようですが、全くもって無難なのは、白でしょう。

白と言っても、柄が入っているものもありますので、十分デザインを選ぶことはできます。

サイズ感とスラックスとの色の相性さえ間違えなければ、ダサく見えることはありません。

あと、ボタンを開けた首元からインナーが見えるのも、ダサく見える原因ですのでインナーは、Vネックをおすすめします。

ワイシャツ 半袖はボタンダウンがおすすめ?

クールビズでは、ノーネクタイが基本になると思います。

このノーネクタイなら、ボタンダウンのシャツをおすすめします。

襟が少し立っているボタンダウンはノーネクタイスタイルに最適で見た目が良いです。

まとめ

ワイシャツ 半袖はダサい?着こなしは?ボタンダウンがおすすめ?

1.ワイシャツ半袖は着こなしが大切

2.サイズ感やスラックスと色の相性に気を付ける

3.ボタンダウンがおすすめ

半袖ワイシャツで仕事もクールに頑張りましょう(*^^)v

スポンサードリンク

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ