皮膚のかゆみや湿疹の原因は?ビタミンDが良い?食事で対策する?

肌が弱いと色んな場面でかゆみが出てきますよね?

仕事中にかゆくなると集中出来ませんし、周りの目が気になってかいたりも出来ません。

そして、薬を塗ってかゆみを引かせても一時的なもので、再発します。

私も肌が弱く皮膚のかゆみに、悩まされているされました。

今日は、皮膚のかゆみの対策を紹介します。

スポンサードリンク

皮膚のかゆみや湿疹の原因は?

1f9eadcc3cfa353ec80fe3153b289ebe_s

皮膚がかゆくなる原因としては、肌の乾燥や汗が刺激になることが多いと思います。

肌の乾燥でいうと、例えば職場のエアコンです。

エアコンで空気が乾燥すると、皮膚のかゆみが出てきます。

乾燥の場合、保湿クリームやかゆみ止めなどで対処出来るでしょう。

汗による刺激については、状況としては屋外が多いでしょうか。

屋外ともなれば、薬を使いことも難しいでしょうし、汗が邪魔をして薬の効果も半減してしまうでしょう。

そして、「活性型ビタミンD)」の不足も、かゆみや湿疹の原因になるようです。

活性型ビタミンDは、ビタミンDが体内で変化するもので、肌の形成に大きく関わっています。

現代人は、このビタミンDが不足されていると言われています。

今日は、かゆみ対策を考える上で、この活性型ビタミンDに注目していきたいと思います。

皮膚のかゆみにはビタミンDをとる!

では、この活性型ビタミンDは、具体的にどのような働きをしているのでしょうか?

先にもお話しましたが、活性型ビタミンDは、ビタミンDが体内で変化するものです。

スポンサードリンク

そして、体内で活性型ビタミンDは細胞分裂を起こさせる指示をする役割や細胞組織のコラーゲン生成を促して、細胞同士の接着を高める働きをしています。

そのため肌のターンオーバーに深く関わっています。

夜更かしした次の日に、ニキビができた経験ってありませんか?

これは、肌のターンオーバーの乱れで肌が弱ったことに原因があります。

これと同じく、、肌のターンオーバーの乱れは、かゆみや湿疹の原因にもなります。

このビタミンDを効率よく補給する方法は、紫外線を浴びること、ビタミンDの含有量が多い魚を食べることです。

どうでしょうか?あなたは、ビタミンDを補給出来ているでしょうか?

現代人は、日焼け(紫外線)対策や食生活の変化で、ビタミンDを補給する機会を失っています。

このビタミンD不足を解消することこそが、かゆみや湿疹の悩みから解放されるカギになるでしょう。

皮膚のかゆみを食事で対策!

先にも、ビタミンDの補給方法をお話ししましたが、出来るだけ紫外線は浴びたくない方に、おすすめの食べ物を紹介します。

ビタミンDが豊富に含まれているのは、魚であると紹介したと思います。

魚の中でもサケやマスに多く含まれていますが、大体どんな魚でも100g程度を食べてしまえば、一日に必要なビタミンDは補給出来ます。

ビタミンDの補給を一日100gで出来る魚は次の通りです。

いわしの丸干、紅鮭、スモークサーモン、さんま、かれい、さば、うなぎ、まぐろ等でしょう。

例えば、スーパーに売っている鮭やサバは、切り身で100g程度でしょう。

さんまであれば、1匹で100程度になるはずです。

魚以外の食べ物にも、ビタミンDは含まれているのですが、含有量が非常に少ないです。

そのため魚と同じ感覚で食べる程度では、必要なビタミンDは補給できません。

やはり、ビタミンDを補給するなら魚を食べることをおすすめします。

まとめ

皮膚のかゆみ対策どうだったでしょうか?

かゆみは睡眠や仕事の邪魔になって、ストレスにもなります。

出来るだけ、根本的に治してほしいと思い紹介しました。

あなたの悩みが解決につながれば、うれしいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ